キシリトールって?−キシリトールで虫歯予防!
キシリトールって?


 キシリトールは化学式でC5H12O5で表され、キシロースから合成された糖アルコールの一種である。
 天然甘味料として知られるが、初めはカバノキから発見されギリシア語で命名。
 北欧諸国で多く使われ、旧厚生省は天然でも存在している添加物に分類している。
 冷涼感があって後味の切れが良い。スクロースと同じくらいの甘味を持っていてカロリーが低い。
 そして加熱での甘みの変化がない為加工にも適している。
 白樺、トウモロコシの芯を加工して作られている。
 糖アルコールはソルビト−ル・還元麦芽糖であるマルチトール・エリスリトールなど多くあり、どれも虫歯にならない甘味料として多く使われている。
 エリスリトール以外の糖アルコールは大量に摂取すると一時的に下痢を起こしてしまうが、糖アルコールは果物などにも多く含まれ、歯磨剤の中にはソルビト−ルを35%含むものもある。


Copyright(C)
キシリトールで虫歯予防!

キシリトールって?−キシリトールで虫歯予防!