キシリトールで虫歯予防−キシリトールで虫歯予防!
キシリトールで虫歯予防


 虫歯の予防に効果的な製品には、キシリトールが50%以上含まれるのが望ましいと言われている。
 含有率が明記してない時は、成分表示のキシリトール量を糖質の量で割るとわかる。
 他にも条件があるが、今日本にある殆どの製品はこの条件を満たしている。
 まずキシリトールが製品に使用される甘味料の50%以上含まれること。
 そして製品の総重量の殆どがキシリトールであること。
 ガムの場合で言えば、甘味料以外の成分を合わせた重さよりキシリトール重量が多いのが重要である。
 そしてキシリトール以外の甘味料はソルビトールやマルチトール、マンニトール等の低酸産性を使用していること。
 砂糖が含まれる製品は、酸を発生させるのでキシリトールの効果が発揮されない。
 だがそんな製品は日本に殆どない。
 それから、酸蝕症発生の危険があるクエン酸などの酸を含まないこと。
 柑橘類など香料が多く含まれると酸を発生させる可能性がある。



Copyright(C)
キシリトールで虫歯予防!

キシリトールで虫歯予防−キシリトールで虫歯予防!